MENU

軟性線維腫の原因と見た目

軟性線維腫,動機,身なり

 

軟性線維腫は、首や瞼などにもらえる良性のイボの一種で、痛みなどの様子はない結果できていても気付かない場合もありますが他の人に移る難儀がないイボでもあります。

 

軟性線維腫は良性のつまらない腫瘍で表皮と同じようなトーンなので見ただけではわからないこともあるほどだ。

 

でき易い部分は首だ。首以外にも胸、瞼、脇の下などにもできることがあり、50勘定前後の女性にでき易いもので年齢を重ねるとでき易く達するイボでもありますが、被服などの外扇動やすれなどによってイボができるもので、俗称をアクロコルドンとも言います。

 

ブラジャーの紐周辺にもできるためスレによってもできるため、階級問わずとれる見込みはあります。アクロコルドンはつまらないイボが複数個できることに認識があります。

 

様子には痛みなどはないので気付かないこともあり良性なイボなので放置してもモウマンタイのですが、首にとれることも多い結果ネックレスなどをひっかかり傷つくことはあります。

 

軟性線維腫,動機,身なり

 

軟性線維腫を除くためには表皮科などを受診して局所麻酔などをしてイボの根元を雌で切り取る手術や、二酸化炭素レーザー療法でレーザーをあてイボの根元を焼くしかたがあります。

 

首にもらえるイボで老化が主な原因のお爺さん性のイボもあります。

 

脂漏性角化症とも言われ表皮の退化を通じて行えるもので、年齢を重ねるため永年蓄積された表皮へのダメージにより角質が群がるなど表皮が変化することが原因です。

 

表皮の瑞々しい部位に行えるものはスキンダックともいわれ若い階級でにも首移りなどにできます。

 

首などに望めるイボには軟性線維腫や脂漏性角化症のように良性で放置しても問題がないイボもありますが、ウィルス性のイボの場合には他の人に移る場合もあります。

 

軟性線維腫,動機,身なり

 

人間乳頭腫ウィルスの感染によりイボを創出することが原因で、免疫が下がっていたり、ちっちゃな傷口からウィルスが侵入して感染することがあります。

 

こぶしや徒歩、形相、首などにも見込めるイボで、表皮のトーンと同じかいくぶんないトーンを通じてあり、見せかけに光沢があります。

 

擦れるためごつく角化して赴き、白く粗い流れになる場合もあります。がたいは枚数ミリ位から直径2cmを越えることもあります。

 

様子は更にないのですが稀にかゆみを感じることがあります。また、首にホクロもののイボができた場合ややがて大きくなって出向く糸の場合はイボではなく表皮がんの可能性があります。

 

イボは放置しても大丈夫イボもありますが、ウィルス性のイボは他の人にうつったり、徐々に大きくなるイボや黒色のものは表皮がんの可能性もある結果、放置しても大丈夫イボであっても表皮科を受診して規則正しく判断してもらうことが大切なことです。

 

首イボTOPページへ